www.pmnatitude.com

-

-

自動車での事故は、自分自身だけの事故と他者が巻き添えになった車の事故が存在します。自分だけの事故の時には自分だけで事故対応をすれば終わりますが他者が関わった車の事故は互いにどのような過失があるのかをチェックして、これにより故障した車の修復費や示談金等が決められるので自動車の保険屋さんの人を交えながらのやり取りが欠かすことが出来ません。大抵の車の事故状況で相手だけでなく自分にも多少なりとも過失がある時が多くどちらかだけの落ち度が問われるというケースは少ないです。無論赤信号無視や一旦停止無視などによって起きた事故はかなりの落ち度になりますが被害者側にもミスがあったと言われます。自動車の事故の状況では誰の落ち度が原因で発生したのかという結果が物凄く大切になるので、この判断を数値で表したものが『過失割合』です。例えば、先ほどの赤信号で止まらなかったり、一時停止しなかった状況であるならば道路交通法では相手に10割責任があるように考えがちですがこの場面で事故を起こした自動車が前方から近づいていて目視で確認された状況であれば自動車事故の被害者でも注意が足りないと判断され10%ぐらいの責任があると認められる状況もあります。その場合には事故を起こした相手が9割事故に巻き込まれた方が1割過失となって責任が大きいとそれなりの手落ちが問われる事になるのです。さらに自動車事故の過失割合は昔の車の事故の判例をものさしとして決定することが往々にしてあり、日弁連の交通事故相談センターから明らかにされている認定基準表等がものさしとして用いています。このような過失の割り当てが高いほど落ち度言い換えると賠償しなければいけない額も大きくなりますから、事故に関する交渉は本人達だけでなく自動車保険の担当の人を交えてちゃんと相談する事が大事です。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.pmnatitude.com All Rights Reserved.