www.pmnatitude.com

-

-

自動車の売却額を高くするものには、中古車を手放す時期タイミングというものも大事なポイントです。あなたの車を多少でもお得に乗り換えることを配慮すれば、少なからずタイミングがあります。中古車の売却額査定のポイントとして重要視されるところに走行距離があります。多くの場合走行距離というのは、その車の消費期限と考えられることもありますので、走行距離が長いとそれだけ、買取査定ではマイナス要因になるでしょう。メーターが1000キロと9万キロでは当然、査定対象車の買取金額は変わってきます。一般的には走行距離というのは短いほうが自動車の見積額は上がりますが実際はあまり突っ込んだ基準はないため、決まったベースラインで査定額が算出されます。例えば、普通車ですと年間標準走行距離10000kmを目安としてこの線以上だと多くの場合マイナス査定の要因になるなどです。軽自動車ですと年間8000kmがまた年数の割には距離がかなり小さい場合でも、買取額が上がるとも一概には言えません。年式・走行距離での見積査定の要点は、保有年数と比べて適切な走行距離であるかというところです。自動車も当てはまります。そしてその車の経過年数も自動車査定の小さくない要点です。しっかり理解しているというかたが多いと考えていますが、通常は年式については新しければ新しいほど査定には高評価が出やすいのですが稀にですがそれに希少価値があるものは新しくない年式でもプラスに査定されるケースがあります。また車検も重要です。当然、車検というものは現金が必要ですので車検に出すまでの時間が残っているほど見積額は高くなると思うのが普通かもしれませんがそういったことはなく、車検直前でも直後でも中古車の査定額にはほとんど相関性がありません。メーカーの車、ローライダー車検切れの車、などの自家用車のタイプも査定に相関性を与えます。車検のタイミングは売る時期としてはちょうど良いということになります。逆に査定額を高額にするために、車検を済ませてから買取査定を頼もうと考えるのはお金と手間がかかるだけで、評価されないということです。その他に専門業者に査定対象車を引き取ってもらう時期として2月と8月が狙い目と言われている時期です。というのも自動車買取業者の決算が3月と9月のところが結構多いからです。そのため1月に売ろうと思ったらあとちょっと待って2月に自動車の査定見積もりを専門店に頼んで売るのも手です。それぞれの都合もありますから、ひとまとめにしてこうしたタイミングで買い取ってもらうわけにもいかないかもしれませんが、可能ならばこうしたタイミングを狙ってみるとよいかもしれません。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.pmnatitude.com All Rights Reserved.