www.pmnatitude.com

-

-

多くの場合、クレカの上限金額が所有者がよく使う額より高くしていると顧客は安心だと誤解して、必要よりもカードを使用してしまったりするようですね。そうしたクレジットカード使用の危険を制御するため使用できる上限を事前に低くコントロールしておこうというお勧めが文章の主な考え方です。月ごとの限度額を引き下げる手順▲クレジットカードの上限額を減らしておくやり方は月の利用限度額を増やすことと等しく便利です。クレジットカードのサインのある面にプリントされているコールセンターに連絡して「月の限度額をセーブしたいんですが・・・」というふうに相手に対して依頼するだけです。だいたいはすでにあるカードの限度額に比べ低ければ、審査もなくそのまま限度額のコントロールが終わります。カードの限度額を少なくしておくのは資産を守ることにも繋がっている◎クレジットカードの利用限度額引き下げは、自分をコントロールできるという効果だけでなく危険を避けることにもつながります。使っているクレカが第三者に知らない間に使用される場合でも、普段からクレカの限度額を少なく設定しておけば害を最小限にするようにできるからです。安心して欲しいのは、想定外にも乱用されてしまったような場合でも所有者に詐欺に加担するようなことにあたることがない限り盗難保険というしくみが利用者を支えてくれるので不安になることはないのですが1%の可能性のことを頭に入れておき必要以上の月の限度額は下げるようにしておくのも手です。必要以上の上限設定は良くないことと言えます。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.pmnatitude.com All Rights Reserved.