www.pmnatitude.com

-

-

破産申請までには裁判というような司法的動きは認められます。また手続きに進んで以降、提出までに手数がかかってしまった際には債権人から訴訟にされるリスクが上がります。債権者サイドにとっては債務の返納もされないまま、さらに自己破産といった正式な処理もなされないといった状態であれば会社内部で完結処理をすることが不可能だからです。係争が終わってどういう判断がもたらされるとしても自己破産手続きの申請人に債務を完済する資産はないのです。債権者もそのことは熟知済みで、訴訟行為という威嚇行為で、上手に和解にし完済させるとか当人の両親や親類に肩代わりしてもらうということを狙っている場面もあります。(補足)西暦2005年1月1日改正された破産法にもとづき自己破産申請をしたならば差し押さえなど法の手続きの場合、実効性をなくすことになったのです。ですから、過去の破産法の時とは異なって訴訟行為をしても無駄に終わると予想されるから現実に訴訟をやる業者は大体いなくなると思います。そのような文脈でも、平成17年の1月1日に改正となって今までよりも利用しやすくなったと考えられます。支払督促のときですと、支払督促と呼ばれているのは法が負債者に向かって残額の完済を行いなさいという要請です。普通な審理をする場合とは異なって取立人の一方通行な主張だけを聞くことで進めるためオーソドックスな訴訟のように間隔と裁判費用がかからないので、取り立て業者がよく使う手段です。支払いの督促の手続きがあった場合、裁判所からの通知が届くこととなりその文書が来てから2週間が経過した場合、取り立て屋は債務者の財産(給与も含んで)に対して差押え処理がなせるようになります。支払督促に対して異議の届出をなすことができるなら普通な審理に変わることとなります。(注意)訴訟は長期にわたりがちなものですから免責がもらえるまでには判決内容がくだらない可能性が濃厚になることに注意しましょう。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.pmnatitude.com All Rights Reserved.