www.pmnatitude.com

-

-

FXについての面白さは、単一の金融商品あるのに、投資期間を短い・普通・長いの3つの期間からどの期間をチョイスするかによって投入の方法がまるっきり異なってくるという点にあると言われます。1番目に外国貨幣への投入の「長期スタンス」について考えてみよう。長期のスタンスというものは、一年以上の出資を前提にしています。為替で、一年も先の相場が円高でしょうか、ないし円安かを連想するなんてことは普通は無理でしょう。通常であれば「それほど後の状況は予測できない」と考えるのが本音かと思います。予言もできないことを一生懸命に予言しようと思ったところで、それは無茶苦茶なものです。ですから外国の貨幣を買ったと仮定して、その時点での価値よりも円高傾向になったとしても、その損失分はいつか円安に戻るだろうという軽いイメージで売買に向き合うのが良いと思います。為替の差益を無理に狙うだけでなく他からの差益要するにスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)を稼ぐのをまず一つの目当てにして出資してみましょう。当然のことですがちょっとの間で為替変動の影響でマイナスが大きくなることがあります。よって、こんな為替差損があっても困らないようレバレッジを最小限で売り買いすることはポイントです。外国為替証拠金取引は、損失がある金額を上回って増大すると追加保証金(追い証)が必要になったりまたはロスカットがかけられたりします。ストップロスがかかったらすぐ売り買いを清算しなければならず長期トレードがダメになります。リスクを回避するためには、レバレッジ2?3倍に設定して取引するのが良いでしょう。2番目に中期の投資のケースのトレードを見てみましょう。中期においては、1?2ヶ月ほど後を推測しての売買になります。為替のトレードの際、だいたい1ヶ月後のことであればおおよそ、推測しやすいかと思います。G7を始めとした世界的な会議とか、為替のトレードで売買している人たちがどのようなテーマに興味を持っているかを考えればそこそこ、見通しがきくはずです。こうしたファンダメンタルズを見ながらも、グラフを参照することによって為替の状況をわかるようになり売買を決定するのがベストです。基本的に、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とテクニックの両方で良い感じであり、あるいは買いが同様であればほとんどの場合ジャッジした通りに行くと考えて大丈夫です。そうしたら保有高を増やすことによってより一層多額の儲けを受け取れるでしょう。3つ目に短期のトレードの狙いどころです。ここでの短期スタンスはつまりは日計り取引のことを意味しています。為替でデイトレをする時、経済の基礎的条件は少しも関連がないと言い切れます。なぜならば次の日の為替レートの動向に、経済の状況は絡んでいないからです。ここで、最大のコツは目を引く行事があると、それにより為替の相場が目立って変動する機会を待って取引しましょう。例としてアメリカ合衆国にて雇用者の統計が公開されるはたまた金利政策が行われることによって制作金利が動くといった催し。このように絶好のチャンスに変移を見逃さないとの理由で、短期のスタンスでは技術的な要素が必要となる。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.pmnatitude.com All Rights Reserved.